持久性トレーニング(2)

  トレーニング学>持久性トレーニング(2)

はじめに

 定期的な運動や,活動的な生活習慣により心肺機能を高いレベルに維持することが,その他の要因とは別に,さまざまな生活習慣病のリスクを低下させることが疫学的に裏付けられています.一般的にトレーニングと言えば,ウォーキング,ジョギング,サイクリング,水泳,エアロビクスダンスなどの有酸素運動とバーベル,鉄アレイや各種マシーンを使った筋力の増強を目的とした運動が頭に浮かぶと思います.前者がいわゆる持久性トレーニングで,後者はウェイト・トレーニングまたはレジスタンストレーニングといわれています.持久性トレーニング学(2)では,活動性を維持し心肺機能を高める持久性トレーニングの実際について学びます.