筋力トレーニング(2)

  トレーニング学>筋力トレーニング学(2)

4.CKCとOKC

 手や足部など四肢の遠位端が,床などに接した閉じた系を閉鎖運動連鎖(CKC:closed kinetic chain),また,四肢の遠位端が,床などに接しない自由な系を開放運動連鎖(OKC:open kinetic chain)と呼びます5)

 CKCはスクワットなどのように実際のスポーツ動作に近い多関節が関与する運動で,足底などからの皮膚感覚や関節覚などさまざまなフィードバック情報に基づいて運動を制御するという点に特徴があります.

 また,OKCは,レッグエクステンションマシンのように,単関節運動に集中したトレーニングのことで,抵抗の量を調節することにより負荷様式を工夫することができる点に特徴があります.

 以上の点から,中高年者のレジスタンストレーニングにおいては,可能であれば,OKC とCKCの両方の要素を組み合わせ,単関節の筋力と複合的な応用動作における筋力の両面の維持・増強を図っていくが重要であると思われます.