生活習慣病予防(治療)効果

  トレーニング学>生活習慣病予防(治療)効果

1.はじめに

  1996年(平成8年)厚生省(当時)は「生活習慣病」の概念を導入した。「生活習慣病」は「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣がその発症進展に関与する疾患群」と定義されている。すなわち、疾病の発症には、遺伝子の異常や加齢を含めた「遺伝要因(体質)」と第2の要因として、食習慣、運動習慣をはじめとする「生活習慣要因」が関与していることが強調されている。生活習慣と「生活習慣病」の関連がはっきりしているのは、運動習慣に関しては、2型(インスリン非依存性)糖尿病、肥満、高脂血症(家族性のものを除く)、高血圧症が挙げられる。

  身体トレーニングの実施などアクティブなライフスタイルへの転換により、運動習慣関連の生活習慣病の1次予防の推進、2次予防の徹底が期待されているだけでなく、年々増大する国民医療費の節減にもつながる可能性が高い。