神経の可塑性(2)

  加齢遺伝学>神経の可塑性(2)

3.記憶について

 記憶は脳の高次機能の中でも最も基本となる機能で,これなしには他の脳の高次機能やヒトとしての活動は成立しない.ヒトの記憶には様々なタイプの記憶がある.短期記憶とは,たとえば,初めての場所に電話をかける時に電話番号を一瞬覚えている様な記憶のことである.陳述記憶は,言葉である程度表現可能な種類の記憶と考えて良い.海馬はヒトにおける陳述記憶や動物における場所記憶などに重要な役割を果たす.記憶情報は海馬で一定期間(ヒトでは1,2年)保持され,のちに大脳皮質連合野に送られるとされる.