不安障害

  こころの医学>不安障害

5.強迫性障害の発症メカニズム

 強迫性障害の発症メカニズムは、まず素因として脳内アミン代謝系の脆弱性、前頭葉や大脳基底核の脆弱性、ストレス脆弱性が関与し、心因としては、性格、心理的葛藤、状況因などが関与し、身体的な負荷により症状は悪化し、強迫観念や強迫行為の発症となるとされている。